注文住宅に住みましょう|快適な生活をGETする

間取り図

理想的な住宅を建てる

インテリア

自由設計がポイントです

注文住宅のメリットは何と言っても自由に設計ができるところです。自由設計と言いながら、多くの場合それぞれのハウスメーカーの建築士が土地に合った設計を考えてくれます。もちろん、それをベースにして考えていってもいいのですが、せっかくの注文住宅ですから、できるだけ意見を言っていくことが大切です。注文住宅は注文するからこそ高い費用がかかるわけですから、ハウスメーカーのいいなりの建物を建てたのでは意味がありません。建売住宅ではないのですから、独自性を出してかまわないのです。それこそが注文住宅のメリットと言えます。自分たちにとって理想的な住宅を考えて、それを実現するための方法を考えてもらうのが注文住宅と言えます。

完全に自由ではありません

ただ、どんな建物でも建てることができるわけではありません。敷地の広さや形状に影響されることはもちろんですが、近隣との関係や法律等による規制など、さまざまな制限が予想されます。その中で、できるだけ施主の希望に沿った設計を作ってくれるのが、ハウスメーカーの手腕と言えます。また、施主の方で希望する間取りがあっても、構造上できないものもあります。特に2階建て以上の場合には強度を保つ必要がありますので、1階の間取りに制限が生じます。あまりに大きな柱のないリビングは強度の関係でできません。また、2階がある場合には、階段を設置する必要がありますので、1階と2階をどこで接続するか等の制約も必要になってきます。まずは要望を伝えて、相談しながら注文住宅を作り上げていきましょう。