注文住宅に住みましょう|快適な生活をGETする

間取り図

ニーズを反映できる住居

女性

自由度の高さ

新築一戸建ての住居を購入する場合に、注文住宅は分譲住宅よりも高額になると思われがちです。しかし、実際は注文住宅が分譲住宅よりも高いとは一概には言えず、分譲住宅が建築するハウスメーカーや工務店によって金額に大きな幅があるのと同じように、注文住宅も建て方や導入する設備次第で価格に大きな差があるのです。その上で注文住宅が人気を集める理由は何よりも間取りやデザイン、そして導入する設備などに関する自由度の高さが挙げられます。そして個々に予算の上限があるとはいえ、住居の建築に際しては工夫の余地が数多く存在しますので、一見予算が大きく膨らみそうな要望があったとしてもプロの知見を元に、割安な形で実現ができるというケースも少なくはありません。このように施主のニーズを反映しやすいという点が注文住宅の人気の理由なのです。

ランニングコストの削減策

注文住宅の大きな魅力の一つとなっているのが、家庭用燃料電池やスマートハウスといった住居の環境性能を高めることが出来る点です。自家発電や消費電力の管理などによって光熱費の削減に寄与できる機器類を自由に導入することができるのです。こうした機器類は注文住宅の建築の際に導入をすれば、その導入費用を住宅ローンに組み入れることが可能です。そうすると、毎月追加で支払うことになる住宅ローンの返済額よりも光熱費を削減できる額の方が多くなり、結果的に家計のランニングコストの削減に繋げることができるのです。加えて、これらの環境性能を高める機器類の導入に際しては、国や地方公共団体からの補助金が支給されるケースもありますので、その場合はよりコストパフォーマンスを高めることが可能です。